今日は日曜日。

金・土・日は、私の唯一の楽しみである「家呑みの日」。

すなわち「リバウンドDAY」となっています(笑)

※平日はなんとか我慢してます(たまに水曜日だけ呑みますけど・・・)

なので、前日はたっぷりとお酒を呑み、食べたので・・・

昨日と比べて「1.1kg」増えてます(笑)。

自分がダイエットしているのか?

自分でも疑いたくなってきますねぇ~^^;

スポンサーリンク

>>下記からの写真は2017/5/14付<<

体重もそうですが、なにげにお腹がでているような・・・

背中のタルミも・・・

横から見れば一目瞭然です。

いつもより、お腹出てます(笑)

本日の測定値(AM9時位)

測定年月日 2017/5/14
体重(kg) 82.8
BMI 25.8
体脂肪率(%) 24.0
筋肉量(kg) 59.7
内臓脂肪 14.0
基礎代謝率(Kcal/日) 1760
体内年齢(才) 46

ダイエット・今日のうんちくVol.5

日焼けをすると痩せて観える!

色と影のマジックですが、黒く日焼けすると、ダイエットしていないカラダでも、やや痩せて見えます。

多少見栄えが良くなる、と言うことです^^

つまり、こんな感じ↓何度か日焼けした後。

↓上記より、カラダを多少絞ったのもありますが、さらに日焼けをしてみました。

どうでしょう?

下の写真の方が、コントラスト(陰影)が出て、かなり痩せた(締まった)ように見えませんか?

服でもそうですが、「白っぽい服装」よりも「黒っぽい服装」をしている方が、多少引き締まったように見えますよね?

これは、日焼けすることにより、影の部分が鮮明になるから。

ボディビルダーの方が大会前、ガンガンにカラダを焼くのも、光の当たり方を意識してのこと。

大きい筋肉と小さい筋肉との間に影ができると、コントラストになり、見栄え(より筋肉が浮き上がって見えます)が良くなるからですね。

さらに、ベビーオイルなどを塗り込み、カラダにテカリを与えてやると、さらに見栄えが良くなります。

ライザップのCMを見れば良くわかると思いますが、筋トレダイエット前(ビフォアー)は日焼けもなく白いカラダですよね。

でも、筋トレダイエット後(アフター)は、モデルとなっている男性も女性も真っ黒に日焼けした状態になっています。

これも、同じような効果を煽るためです(笑)

日焼け、と言うとシミやそばかすが気になるし、日焼けによる活性酸素増加の影響で、歳を重ねるごとにお肌の傷みがより一層出てくくるので、特に女性の方は敬遠されますが、男性ならありかもしれませんね^^

また、日焼けしたいけどシミができるのは嫌、と言う場合は、有害な紫外線を遮断したタンニングマシンが導入された、「日焼けサロン」などでカラダを焼いたりするのもいいですし・・・

塗るだけ(紫外線なし)で、お肌のメラニンを浮かせ、小麦色(ブロンズ色)になれる、「セルフタンニングローションやクリーム」などを使うと良いかも知れませんよ^^

※最近のセルフタンニングクリームの効果は、1週間位持つみたいです

スポンサーリンク